CBDリキッドとは?メリットや選び方、おすすめ商品を紹介!

 

CBDリキッドとは、不眠やストレスに悩む方へおすすめしたい電子タバコのリキッドです。本記事では、この製品はどのような成分から作られているのか、そして吸引することのメリット・デメリットや注意点、おすすめ商品などを紹介します。ストレスや疲労に悩む方は、ぜひ試してみてください。



CBDリキッドって何?

みなさんは、「CBDリキッド」をご存じでしょうか。植物由来の有効成分の一つであるCBDリキッドですが、その有効性とは裏腹に、まだまだ広く認知されていません。本章では、ストレス社会を生きる、私たちにぴったりなCBDリキッドについて詳しく解説していきます。日々のストレスに悩む方、満足な睡眠がとれなくてつらい方は、ぜひ参考にしてください。

 

植物由来の有効成分のひとつ

そもそもCBDとは、大麻植物に含まれる有効成分のことです。「大麻」と聞くと、非合法で使ってはいけないものといった認識をもつ方が多いでしょう。しかし、CBDは「合法」な成分です。

大麻は100種類以上のカンナビノイドをもっており、その1つがCBD(カンナビジオール)です。これは大麻草の茎及び種子から抽出された成分であり、違法とはされていません。

事実、日本における「大麻取締法」には、以下のように明記されています。

「大麻」とは、大麻草(カンナビス・サティバ・エル)及びその製品をいう。

ただし、大麻草の成熟した茎及びその製品(樹脂を除く)並びに、大麻草の種子及びその製品を除く。 

日本で規制の対象となっているのは、THC(テトラヒドロカンナミロール)という成分です。THCは主に葉や茎から抽出され、摂取するとハイな状態になります。

出典:厚生労働省「大麻取締法」

 

特定の疾患への効果も期待される

CBDはさまざまな効果が期待される成分です。その効果は、日常生活の枠に留まらず、海外では医療の分野でも重宝されています。

その一つが「てんかん」による発作を抑制する効果です。残念ながら日本では、海外で承認されているCBDを使った医薬品を使用することはできません。しかし、てんかん発作がCBDを摂取することで抑制されたという事例がある以上、健康面で有効であることは、疑いようがありません。

 

CBDリキッドはこんな方におすすめ!

日本では、CBDを使った医薬品を使用することはできませんが、サプリメントとして摂取することは可能です。それが「CBDリキッド」であり、摂取することでストレスや不眠、皮膚トラブルの改善が期待できます。

人の身体は、加齢や外部から受ける強いストレスによって、「カンナビノイド欠乏症」を引き起こすケースもあります。その結果、さらなるストレスが蓄積されたり、不眠症状が続いてしまったりすることがあります。このような症状に悩む方におすすめなのが「CBDリキッド」です。



CBDリキッドのメリットとデメリット

CBDリキッドを使用することには、多くのメリットがあります。しかし、メリットの反面で、デメリットもあるため、どちらも考慮したうえで使用を検討しなければなりません。デメリットを知らないままですと「思ったほど効果を感じられなかった」「専用のキットがなくて、すぐに使用できない」と言った事態になってしまうことが考えられます。

 

活用するメリット

CBDリキッドを使用することのメリットは、以下の3つです。

  • 効き目の体感が早い
  • 休憩のついでに摂取できる
  • ニコチンなしのVAPEでも満足感を得られる

摂取した成分が体内に吸収され、血流に流れ、体内で利用される割合のことを「生体利用効率」と言います。つまり、摂取した量に対して、何割ほどが実際に活用されるのかということです。CBDリキッドは生体利用効率が非常に優れていることでも知られており、40〜50%とされています。

また仕事の合間に少し休憩する際、手軽に摂取できることも魅力です。さらに、ニコチンが含まれていないので、体への悪影響も心配ありません。

 

活用するデメリット

CBDリキッドを活用することには、以下のようなデメリットもあります。

  • 対応しているVAPEデバイスが必要
  • 効き目が切れる時間が早い 

まずCBDリキッドは、全てのVAPEで使用できるわけではないため、しっかりと対応しているものを用意しなければなりません。また効果を実感するまでが早いCBDリキッドですが、効き目が切れるのも早いといったデメリットがあります。



CBDリキッドを吸う際の注意点

CBDリキッドを吸引する際には、いくつかの注意点があります。注意すべきポイントは「たくさん吸い込みすぎないこと」「肺にしっかりと溜めること」「温度設定を怠らないこと」の3点です。

それぞれについて、以下で詳しく解説していきます。初心者はまず本章を確認したのち、身体へ負担がかからないような吸引方法を心がけてください。

 

一気に吸い込まない

CBDリキッドを吸引する際は、一気に吸い込まないように気をつけてください。例えば、深呼吸をするように大きく息を吸ってしまうと、咳き込んでしまいます。吸引する際は慌てず、ゆっくりと吸い込むことを意識しましょう。

また、一度で大量に吸い込み過ぎることも避けてください。「少量をゆっくり」吸引するようにしましょう。

 

肺にしっかりと溜める

吸引後すぐに吐き出してしまっては、CBDリキッドの高い効果を期待できません。吸引後は落ち着いて、肺の中にしばらく煙を溜め込むようにしてください。CBDは、肺の毛細血管を通じて、体内に吸収されていきます。そのため、すぐに吐き出してしまっては、成分が吸収される時間が短くなってしまいます。

目安としては吸引後、煙を少し肺にとどめたのち、10秒ほどかけてじっくりと吐き出しましょう。

 

温度設定をしっかりとする

CBDリキッドを使用する際は、VAPE本体の加熱温度も正しく設定しましょう。一般的に、CBDリキッドの加熱に適した温度帯は、195〜200℃です。CBDリキッドは、これよりも高温で加熱してしまうと、有効成分までも燃焼されてしまいます。また、高温での燃焼は肺に有害な成分を発生させてしまうリスクもあります。

VAPEによっては、CBD専用の温度設定が可能なアイテムも多いので活用してみてください。



CBDリキッドの選び方やおすすめ商品

CBDリキッドは、さまざまな製品が販売されています。種類が多いため、初めて購入する方にとっては、何を買うべきなのか、迷ってしまうことも多いでしょう。

 そこで最後に、CBDリキッドの選び方や、おすすめ商品について解説します。ボトルタイプかカートリッジか、濃度はどのくらいが良いのかなどを解説するので、参考にしてください。

 

CBDリキッドの選び方

CBDリキッドの選び方としては、まずどのような形状の製品を購入するのかを検討します。CBDリキッドには、リキッドタイプとカートリッジタイプと言った2種類があります。

前者は専用のボトルにリキッドが入っているタイプで、空のアトマイザーを用意する必要があります。後者は電子タバコのように使い捨てできるタイプです(別途加熱するためのヴェポライザーは必要)。自身にとって、使い勝手の良い形状のものを選んでください。

 

濃度で選ぶのもおすすめ!

濃度から、購入するCBDリキッドを選ぶ方法もおすすめです。濃度が高いほど、効果を得やすいですが、人によっては、喉に強い刺激を感じてしまう可能性があります。

濃度が10%未満のCBDリキッドは「低濃度」とされています。効果の実感は低いものの、タバコなどの代用品として、気兼ねなく吸入できることや、刺激が少なく、初心者におすすめであることが魅力です。

10〜30%のCBDリキッドは「中濃度」とされ、この辺りの濃度であれば、多くの方が十分な効果を得ることができます。30%以上のものは「高濃度」とされ、非常に高い効果を短時間で感じることができます。しかし、頻繁に吸引できないことや、人によっては刺激が強すぎるといった懸念点があります。

 

おすすめ商品はこれ!

CBDリキッドとしておすすめなのは、skewから販売されている製品です。ウッディなニュアンスを感じさせる「OG Kush」と、甘いブルーベリーの香りにフルーティーさが魅力な「Blue Dream」。ストロベリーの香りが豊かな「Strawberry Cough」といった、3種類のフレーバーが人気です。他にも種類があります。

高濃度で、CBDの効果をしっかりと体感できるリキッドです。

 

まとめ

CBDリキッドについて、その詳細やメリット・デメリット、選び方などを解説しました。skewから販売されているCBDリキッドは、厳選されたフレーバー展開はもちろんのこと、高濃度・高品質なリキッドであるため、CBDの有効成分を余すことなく体感できる優れものです。CBDリキッドで日頃のストレスをリフレッシュしたいと考えている方は、ぜひ一度、試してみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログに戻る