CBDグミの効果とは?CBDグミの安全性や選び方などを解説

CBDグミは、大麻に由来するCBD製品の一つです。大麻由来とはいっても日本国内で合法であり、副作用もほとんどありません。

この記事では注目のCBDグミについて、メリット・デメリットから選び方のポイントまでくわしく解説。「CBDグミが気になるけれど心配……」という方は、チェックしてみてください。



CBDグミとは何か?

CBDグミは、CBDが配合されたグミです。他の成分は一般的なおやつのグミと変わりありません。近年、日本ではCBD製品が普及しつつありますが、CBDグミもCBDが配合されたCBD製品の一種です。CBDは、リラックス効果や肌のアンチエイジング効果が着目されている成分です。

ここでは、CBDグミに配合されているCBDとは、そもそも何かに加えて、CBDグミの効果と安全性について解説します。

CBDとは何か?

CBDは大麻由来の成分です。CBDが大麻から抽出される成分であることから、その安全性や合法性に疑問を持つ方もいるでしょう。

大麻取締法で規制を受ける「大麻」とは、大麻草及びその製品のことをいいますが、大麻草の成熟した茎や種子は規制の対象から外されています(大麻取締法第1条)。

第一条 この法律で「大麻」とは、大麻草(カンナビス・サティバ・エル)及びその製品をいう。ただし、大麻草の成熟した茎及びその製品(樹脂を除く。)並びに大麻草の種子及びその製品を除く。

引用:e-GOV法令検索

CBDは、大麻から抽出される「カンナビノイド」と呼ばれる成分の一つですが、大麻草の種茎から抽出された成分です。花の部分が一番成分が取れると言われており、日本国内で販売されているCBDは、種茎から抽出している製品がほとんどの割合を占めています。

ちなみに大麻から抽出されるカンナビノイド成分には、CBDの他にTHCがあります。THCは、中毒になりやすい成分を含んでおり、麻薬及び向精神薬取締法の規制物質です。

CBDの正式名称は、カンナビジオールといいます。CBDには、リラックス作用があり、ストレス緩和や肌のアンチエイジングに効果的です。依存性などもなく、服用による副作用はほとんどないとされています。CBDは、合法かつ安全なもので広い用途で活用可能な成分です。

参照:厚生労働省「CBD(カンナビジオール)を含有する製品について

 

CBDグミの効果・安全性

CBDグミは、CBD成分が含有されたグミのことです。CBDグミは、通常のグミと同じように口から摂取します。

CBDグミにはリラックス作用が認められ、ストレス緩和や肌のアンチエイジングにも効果的であるとされます。CBDが含まれること以外は、通常のグミと変わりがありません。CBDには服用による副作用はほとんどないとされているため、CBDグミもCBDと同様に安全なものと言えるでしょう。

CBD製品にはグミの他にも、電子タバコによってCBDを摂取するCBDリキッドや、皮膚に直接塗るCBDクリームなどがあります。いずれの製品もCBDグミと同様にCBDが配合された製品で、安全性が認められたものです。




CBDグミ摂取のメリット・デメリット

CBD摂取を目的とした製品には、CBDグミの他にもリキッドやクリームなどがあります。それらと比較して、CBDグミにはどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

ここでは、CBDグミ摂取のメリットおよびデメリットについて解説します。「CBDグミを購入しようかどうか迷っている」という方は、判断材料にご活用ください。

 

CBDグミ摂取のメリット

CBDグミ摂取のメリットには、次のようなものが挙げられます。

  • 持ち運びがしやすく、摂取しやすい
  • 味のバリエーションが豊富
  • 摂取の目的に合わせて製品を選ぶことができる

CBDグミは小さくて持ち運びしやすいため、おやつ感覚で手軽に摂取できます。味のバリエーションも豊富で、好みにあったグミをを選ぶことが可能です。配合量にも種類があるため、ストレスの緩和やアンチエイジングといった目的に合わせて商品を使い分けることもできます。


CBDグミ摂取のデメリット

CBDグミ摂取のデメリットには、次のようなものがあります。

  • 砂糖や添加物が含まれている
  • 口からの摂取ではCBDの吸収率が高くない

CBDグミには、食べやすくするために砂糖や添加物が含まれています。他の嗜好品同様に大量の摂取は控えましょう。内容物が気になるという方には、ビーガン対応の商品もあるので試してみましょう。

またCBDの吸収率が高くない点は、大きなデメリットでしょう。舌に直接垂らして摂取するCBDオイルや、電子タバコの方式のCBDリキッドなどと比べると、吸収率に大きな差があるとされています。より高い効果を期待する方には、やや物足りないかもしれません。



CBDグミの選び方

CBDグミにはさまざまな製品があるため、どのグミを選ぶべきか迷う方も多くいるでしょう。グミの選び方のポイントは次の3点です。

  • CBDの含有量に注意する
  • その他の配合成分で選ぶ
  • 最初はお試しサイズを選ぶ

自分に合った製品を見つけるまでは、この3つのポイントに注意して選ぶと良いでしょう。以下、それぞれのポイントを解説します。


CBDの配合量に注意する

CBDの配合量は、製品によってさまざまです。1粒当たりの配合量は、少ないものと多いものとで何倍もの差があります。当然のことながら、配合量が多い方がCBDの効果を実感しやすいです。基本的に、日中の気分転換やストレス緩和の用途では配合量の少ないものを、睡眠前に深いリラックス効果を得たい場合には配合量の多いものを選ぶのが良いでしょう。

効果の感じ方には個人差があります。初めて利用する方は、配合量の低いものから順に試していくこともおすすめです。

 

その他の配合成分で選ぶ

CBDグミには、添加物が含まれている可能性があります。そのためCBDグミを選ぶ際には、CBDの含有量だけでなく添加物が少ないものを選ぶことも重要です。

より安心な商品を手に入れるためにも、原料の検査や最終製品の検査をきちんと行っているものを購入しましょう。

 

最初はお試しサイズを選ぶ

CBDグミにはさまざまなサイズがあります。中には、最初からお得な大容量サイズを選ぶ方もいるようです。

しかし効果の感じ方には個人差があります。自分に合った製品を選ぶためには、いくつかのグミを試してみるのがおすすめです。お試しサイズで複数のグミを試しながら、自分の体質や摂取目的に合った製品を見つけるようにしましょう。



CBDグミ以外のCBD製品

CBDを摂取できるのは、CBDグミだけではありません。前述の通り、CBDグミには手軽に摂取できる反面、吸収率が高くないというデメリットがあります。

他の製品の中には、CBDの吸収率が高い製品もあります。ここでは、より高い吸収率でCBDを摂取できる製品として、CBDオイルとCBDリキッドを紹介します。

 

CBDオイル

CBDオイルは、CBDが含まれるオイルを舌に直接垂らして摂取するものです。舌の毛細血管を通じて体内に吸収されるため、消化管を通して吸収するCBDグミよりも、高い吸収率で体内に浸透します。

持ち運びなどせず、就寝前などに使用するのであれば、吸収率の高いCBDオイルの利用がおすすめです。

 

CBDリキッド

CBDリキッドは、電子タバコの要領で使用するものです。煙上のCBDを吸引することで、体内にCBDを取り込みます。体内の血流に混ざり込み、体内を巡らせることができるため、CBDリキッドもCBDの吸収率が高い製品といえるでしょう。

さまざまな製品が販売されている中でも、CBNやCBDの含有量が多いskewの製品がおすすめです。例えばフレーバーには、ストロベリーやブルーベリー、レモンといったフルーティーなものが揃っています。クールなパッケージも魅力的なので、好みにぴったりの製品を選べます。

まとめ

CBDグミについて、摂取するメリット、デメリット、製品の選び方などを解説しました。CBDグミは手軽にCBDを摂取できるものですが、吸収率が低いというデメリットもあるため、特徴を理解したうえで、摂取するようにしましょう。CBDグミにはCBDの含有量や容量などによって様々な製品がありますので、色々な種類を試してみて、自分に合う製品を見つけるのが大切です。

自分に合った製品を見つけて、CBDのリラックス効果を体感してみてください。CBDグミではCBDのリラックス効果を実感できない方については、より吸収率の高い製品を試してみることもおすすめします。

ブログに戻る