CBDカプセルの使い方・メリット・デメリットとは?

目次
1 概要
2 CBDカプセルの使い方・摂取方法
3 CBDカプセルのメリット
4 CBDカプセルのデメリット
5 CBDカプセルを購入するには

概要

CBDカプセルとは、ソフトジェルカプセルにCBDオイルを入れた製品です。CBDをより吸収しやすくするために、ヘンプシードオイルやオリーブオイルのような他のオイルと組み合わせて作られている場合が多いです。

CBDカプセルは、摂取量を調整しやすく簡単に摂取できます。またCBD製品独特の匂いがしないため、匂いが嫌いな方や初めての方にもおすすめの製品です。

CBDカプセルの使い方・摂取方法

通常のサプリメントと同様に、適量を水と一緒に飲み込んでください。適切な摂取量は個人差があるため少ない量から始めて自分に合った量を見つけることをおすすめしています。最初は製品ラベルに記載のあるおすすめの量、または数粒からお試しください。

カプセルは飲み込んだ後に、消化器官で吸収されゆっくりと効果が表れるのが特徴です。カプセルタイプのCBD製品はリキッドやワックスを吸引摂取するのに比べて吸収には時間がかかりますが、体内に滞在する期間が長くなります。そのため日中も比較的使用しやすい製品であると思います。

個人差はありますが、一般的に効果を実感するまでに必要な時間は約1時間~2時間かかり、効果の持続時間は3~4時間と言われています。

CBDカプセルのメリット

  • 水と一緒に飲み込むだけなので簡単に摂取できる
  • 摂取量をコントロールしやすい
  • 効果が緩やかなため日中も使用しやすい
  • 持ち運びしやすい

CBDカプセルのデメリット

  • 吸引摂取などに比べて効果が出るまで時間がかかる

注意事項

  • 当社が提供するCBDに関する効果・効能・副作用に関する情報は情報提供を目的として記載されています。記載されている科学的研究はCBDの成分に対するものであり、当社が取り扱う製品に対するものではなく、当社が取り扱うCBD製品の効果と直接的な関係はありません。
  • CBD製品は医薬品ではありません。いずれも病気や症状を診断・治療・治すための製品ではありません。
  • 当社が提供する記事・情報は、当社が信頼に足ると判断した情報源に基づき作成・提供しますが、完全性、正確性等を保証するものではありません。
ブログに戻る